2006年08月07日

漢方で解毒・デトックス(1)

今月の日経ヘルスに載っていた「漢方的な考え方で解毒する」のチェックをやってみた。
日経ヘルス 9月号
記事によると、
現代に生きる人は、ほぼ例外なく、気・血・水のどこかにとどこおりがある。
(中略)
「気」のとどこおりがある人は、イライラや不眠、お腹の張りなど、自律神経に関連した不調が出やすい。「几帳面な人や締め切りに追われやすい職業の人などに、このタイプが多い」という。
「血」がとどこおると、体の隅々に熱や栄養素が行き渡らず、老廃物も排出しにくくなる。そのためにひきおこさえっる典型的な不調は、冷えや凝り、肌の不調など。女性の場合、普段は問題がなくても、月経中は血が不足して「血」のめぐりが悪くなりがちだ。
「水」がとどこおると、体がどんよりと重くなったり、あちこちがむくんだり。尿が極端に多い、または少ないという症状が出ることもある。
らしい。
また、漢方の解毒の考え方は、
体にたまる有害金属、化学物質、過酸化物といった"具体的な毒"に着目するのでなく、「気・血・水のめぐりを良くすれば、自然と毒が出せる体になると考える」
(中略)
漢方は、タイプによる差を大切にする。同じものを食べても、栄養の吸収されやすさ、余分なものの排泄されやすさは、タイプによって違うはず。
なので、その人にあった解毒食材を摂ることが必要。  
そこで、まずは自分の体のとどこおりはどこなのかをチェック。
続きを読む
posted by よっち at 23:54 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。