2006年05月31日

大豆ペプチドで成長ホルモンの分泌加速

 運動直後に大豆ペプチドを摂取すると、成長ホルモン濃度が上昇するって研究成果が出たそうです。その報告したのは関西鍼灸大学の増田研一助さん。(鍼灸って大学まであるんですね)  実験内容は20代18人と35〜44歳7人の2グループを対象に、その効果を調査したそうです。
 

 それぞれのグループに運動をしてもらい、直後にプラセボ(偽薬)と、大豆ペプチド8000mgを摂取してもらった場合の血中成長ホルモン量を30分後、1時間後、2時間後、18時間後に測定。
 その結果、大豆ペプチドを摂取したときは、しない場合よりホルモン濃度が上がることが確認されたとさ。
 特に20代のグループでは摂取30分後にピークが訪れ、このとき、大豆ペプチド群はプラセボ群の13倍以上多く分泌されてました。

 一方で、35〜44歳のグループでは、30分後にはわずかにプラセボ群より多く分泌されたぐらいでしたが、1時間後にやっとピークが訪れ、プラセボ群のなんとか2倍弱の濃度になりました。運動するなら若いうちってことですね…。
 でも18時間後でも濃度自体は下がったものの、プラセボ群と比べるとまだ2倍弱あったみたい。

 あと、成長モルモンはアンチエイジングに効くので(普通に暮らしてる)一日のうちで一番成長ホルモンが増えるのは睡眠直後なんで、寝る前に大豆ペプチドを飲めばアンチエイジングも期待できるんじゃないか話です。

 ちなみにたまに加圧トレーニングの後にこのアミノ酸(↓)を飲んでますが、実は正確には大豆ペプチドなんです。
 グレープフルーツ味で飲みやすいし、水にも溶けやすいんでオススメですよ。

 h&f アミノクイック グレープフルーツ味 450g缶
 h&f アミノクイック グレープフルーツ味 450g缶
posted by よっち at 00:12 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(1) |  ⇒ ダイエット
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/18626305
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

貴重な場所に失礼します。化粧品クイズ
Excerpt: アンチエイジングは、医療行為(予防)であり、エステでの行為、または、アンチエイジング化粧品という名称での販売は、違法となります。
Weblog: アンチエイジング
Tracked: 2006-05-31 19:11
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。