2006年07月05日

お酢の効果

mixiの方で「お酢の効果って?」という質問が出たんで、以前調べた情報をまとめてみました。

信用できそうなところから情報拾ってきたけど、素人が集めた情報なんで間違ってたり、足りなかったりしたら指摘お願いします。

  1. 血糖値上昇抑制効果
    食酢の主成分である「酢酸」の効果により、食酢大さじ1杯(15ml)以上を毎日摂取することで、高めのコレステロール値を下げる働きがあります。
    実験の結果では、夕食時、または夕食後にお酢15ml入りのドリンクを12週間飲むことにより、平均213mg/dl程度の血中総コレステロール値が13mg/dl程度下がったことが確認されました。
    また、実験終了後にお酢の摂取を止めた後も、急激なコレステロール値の上昇は見られませんでした。
  2. 疲労回復効果

    減塩効果による高血圧防止のほかに、お酢の酢酸には高い血圧を下げる効果があります。
    実験の結果では、毎日15mlのお酢と摂ることにより150mmHg以上あった最高血圧が、1〜2ヶ月程度右肩下がりに下がり続け、11mmHg(30mlでは15mmHg)程度低下することが確認されています。
    また、通常の血圧の人の血圧まで下げることはありません。

    但し、お酢を飲むのを止めると血圧は元に戻ってしまうため、毎日飲み続けることが大切です。

  3. 食欲増進効果

    お酢の酸味が人間の味覚や臭覚を刺激して脳の摂食中枢に働きかけ、唾液の分泌を促し、食欲増進に寄与します。
    また、消化液の分泌も促進されますので消化吸収が良くなります。

  4. カルシウムの溶出・吸収促進効果
    炭酸カルシウムは水に溶けませんが、お酢の酢酸と反応することにより酢酸カルシウムになります。
    酢酸カルシウムは水に溶けるため、食品から溶け出し、吸収されやすくなります。
  5. 減塩効果
    塩を減らした料理は味気ないものですが、お酢を加えることによりおいしく感じるようになります。
  6. 高血圧の低減効果

    減塩効果による高血圧防止のほかに、お酢の酢酸には高い血圧を下げる効果があります。
    実験の結果では、毎日15mlのお酢と摂ることにより150mmHg以上あった最高血圧が、1〜2ヶ月程度右肩下がりに下がり続け、11mmHg(30mlでは15mmHg)程度低下することが確認されています。
    また、通常の血圧の人の血圧まで下げることはありません。

    但し、お酢を飲むのを止めると血圧は元に戻ってしまうため、毎日飲み続けることが大切です。

  7. 高コレステロールの低減効果
    食酢の主成分である「酢酸」の効果により、食酢大さじ1杯(15ml)以上を毎日摂取することで、高めのコレステロール値を下げる働きがあります。
    実験の結果では、夕食時、または夕食後にお酢15ml入りのドリンクを12週間飲むことにより、平均213mg/dl程度の血中総コレステロール値が13mg/dl程度下がったことが確認されました。
    また、実験終了後にお酢の摂取を止めた後も、急激なコレステロール値の上昇は見られませんでした。
posted by よっち at 21:30 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。