2006年07月19日

ナイシトールとコッコアポの効果は同じか?

今日も今日とてナイシトール関連のブログを見ていると、なんでも日記さんのところで気になる記事を見つけました。

薬剤師さんが「こちらの方はいいかがですか?」と違う商品を薦めてきた。
説明によると、「ナイシトール」の成分と効能が全く同じ、しかも、有効成分が
こちらの方が多く含まれているとのこと。
ただ、「コッコアポ」って、女性の皮下脂肪に!というイメージがある。
テレビCMを見てもそんなカンジだったように思う。

コッコアポがナイシトールと同じ「防風通聖散」を使っているのは知ってますが「有効成分が多く含まれている」というのは見逃せませんexclamation
小林製薬とカネボウ薬品のホームページで調べてみました。

 

(1日量中) 

ナイシトール85

新コッコアポA錠

防風通聖散料乾燥エキス

2.50g

2.85g

原生薬換算量  

 

 トウキ0.60g

0.60g

 シャクヤク0.60g

0.60g

 センキュウ0.60g

0.60g

 サンシシ0.60g

0.60g

 レンギョウ0.60g

0.60g

 ハッカ0.60g

0.60g

 ショウキョウ0.15g

0.20g

 ケイガイ0.60g

0.60g

 ボウフウ0.60g

0.60g

 マオウ0.60g

0.60g

 ダイオウ0.75g

0.75g

 ビャクジュツ1.00g

1.00g

 キキョウ1.00g

1.00g

 オウゴン1.00g

1.00g

 カンゾウ1.00g

1.00g

 セッコウ1.00g

1.00g

 カッセキ1.50g

1.50g

 硫酸ナトリウム十水塩0.75g

-

 乾燥硫酸ナトリウム

-

0.375g


たしかにショウキョウ(生姜)が1日分で0.05g多いですね。 
ただ、これが「有効成分が多い」とオススメできるほどの違いか、素人の自分には分かりませんあせあせ(飛び散る汗)

仕方ないので、メーカーのホームページの売り文句から違いを見てみました。
ナイシトール85:
http://www.kobayashi.co.jp/company/news/0622/index.html
新コッコアポA錠:
http://www.kanebo-ns.jp/product/01_shin_coccoapo_a.html

効用はナイシトール85が
腹部に皮下脂肪が多く、便秘がちなものの次の諸症:肥満症、高血圧の随伴症状(どうき、肩こり、のぼせ)、便秘、むくみ
コッコアポが
腹部に皮下脂肪が多く、便秘がちなものの次の諸症:肥満症、便秘、高血圧の随伴症状(どうき、肩こり、のぼせ)、むくみ
どっちかが記載内容をパクッたんじゃないかと思うぐらい同じでした(笑

強いて違いを挙げるならばナイシトールの方が「内臓脂肪」に関する記述が目立つこと。CMでも内臓脂肪が減るというのを強調していました。
じゃあ、内臓脂肪に効くのかというと効用としては前述のとおり「皮下脂肪」と書いてある。
「内臓脂肪に効くって書いちゃいけません」とか取り決めでもあるのでしょうかexclamation&question

結局、ナイシトールとコッコアポの違いが分かるような情報は見つけられませんでしたが、それぞれ内臓脂肪を減らす、皮下脂肪を減らすという商品コンセプトで開発されたのでしょうから、どっちを減らしたいかで選ぶのが正解でしょうね。

ついでに「コッコアポの方が安い」と良く聞きますが、同じ180錠同士なら、どっちも1900円弱(最安値の場合)。ここでもほとんど変わりなしでした。
ナイシトールの最安値表
新コッコアポA錠の最安値表

【関連記事】
実際にナイシトールを使ってる人の効果
⇒ 実際にナイシトールを使ってる人の効果(5/13〜)
実際にナイシトールを使ってる人の効果(5/25〜6/14)
ナイシトールを購入する際の注意点

posted by よっち at 23:54 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) |  ⇒ ナイシトール
この記事へのコメント
この2つってOEMで、どっちも同じ会社で作ってるんですよ。
Posted by at 2006年09月19日 09:26
ナイシトールはJPS製造小林製薬販売、コッコアポは製造・販売共カネボウ。中身は防風通聖散という漢方薬です。両社とも効能効果は同じ、表現の仕方が異なってるだけです
Posted by 業界人 at 2006年12月16日 14:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。